キューライス記

漫画家、絵本作家、イラストレーター、ときどきアニメーション作家のキューライス(坂元友介)のブログです。

カテゴリ: ジブリ関連

今夜、金曜ロードショーで「ハウルの動く城」ですね。いくらでも語れますよ。終盤でのハウルとソフィーの「ああ、ソフィーの髪の毛、星の光に染まっているね!きれいだよ」「ハウル大好き…よかった!」 というやり取りは絵コンテでは「ああっ!ソフィーの髪って赤かったんだ ... MORE
今夜、金曜ロードショーで「ハウルの動く城」ですね。いくらでも語れますよ。


終盤でのハウルとソフィーの
「ああ、ソフィーの髪の毛、星の光に染まっているね!きれいだよ」
「ハウル大好き…よかった!」


というやり取りは絵コンテでは
「ああっ!ソフィーの髪って赤かったんだね!きれいだよ」
「私のは赤錆色!よかった!」
という台詞でした。

 
このことから、ソフィーは呪いが解けた時点で赤錆色の髪の色を取り戻す予定だったと思われます、でも、映画版では最後まで銀髪のまま。

試しに、ジブリ公式で配布されてるソフィーの髪を赤錆色に加工してみたら…そっくりなんですよナウシカに…(この画像とかSNSにアップするのは常識の範囲なのかな…どうしようかな…) 
絵コンテを見ても後半のミディアムのソフィーはナウシカにそっくり、というかナウシカにしか見えないんですよ。
それに気付いた宮崎監督が途中からソフィーはずっと銀髪でいくことを決めたのかもしれませんね。

 
老婆になったソフィーは気持ちが前向きになると若返り、髪の毛も元の茶色に戻ります。しかし、ハウルに花畑に連れて行ってもらったときから、容姿は若返っても髪の色は銀髪のままになります。



このあと、ハウルに「ソフィーはきれいだよ!」と言われても「年寄りのいいところは無くすものが少ないことね」といって老婆の姿に戻ります。


そのあとのハウルの心境が絵コンテには記載されていて
なんてガンコな呪いなんだ…もうソフィーの呪いはとっくにとけてるのに…)とあります。
つまり、この時点ですでにソフィーの呪いは解けていて、彼女が老婆の姿に戻るのは自分自身にかけた別の呪いといえるかもしれません。荒地の魔女に呪われる前から、ずっと彼女は自分の人生を呪っているんです。それがハウルのいう「ガンコな呪い」なのです。



カブ頭のかかしはソフィーのキスによって人間の姿に戻ります。
このときの荒地の魔女の「愛するものにキスされないと解けない呪いね!」というセリフからカブはソフィーに恋していることがわかります。
でも、悲しい現実にみんな気づきましたか?人間に戻ってからの彼に、ソフィーは一言も言葉を与えないんですよ… 女は好みでない男にはまったく興味を示さない…フラれた経験が多いという宮崎監督の現実的な目線を感じます。


好きな女性が目の前で他の男と抱き合っても明るい笑顔を崩さないカブ…健気です。

カブは隣の国の王子で彼も魔法使いなのでしょう、人間に戻っているというのにかかしの時のように杖でぴょんぴょん跳ねながら去って行きますから…


あと、「なぜソフィーがハウルの城に入れたか」がよく議論になりますが、ソフィーを招きれたのはカルシファーです。マルクルには「荒地から勝手に入ってきた」といいますが、ソフィーに料理を手伝うように促された際に「こんな婆ちゃん入れるんじゃなかった!」と本音が飛び出てます。


LINEで読者になる

野良ウィヌ ブルブル のコピー

ネコノヒー 4
キューライス
KADOKAWA
2021-02-27

スキウサギ 5 (5) (書籍扱いコミックス)
キューライス
秋田書店
2021-03-18

悲熊 1 (LINEコミックス)
キューライス
LINE Digital Frontier
2020-10-15

スキウサギ(1)(書籍扱いコミックス)
キューライス
秋田書店
2018-04-27

あばれネコ
キューライス
KADOKAWA
2020-09-25

ドン・ウッサ そらをとぶ (MOEのえほん)
キューライス
白泉社
2019-07-19



 

今日も、「ハウルの動く城」の話ですけど、物語の後半、半分に割れた城と共に崖から転落し、犬のヒンと二人きりになってしまったソフィーは指輪に「ハウルの居場所を教えて」と話しかけ、その指輪の光指す方向に、城にあった様々な場所に通じる不思議なドアの残骸を見つけま ... MORE
今日も、「ハウルの動く城」の話ですけど、物語の後半、半分に割れた城と共に崖から転落し、犬のヒンと二人きりになってしまったソフィーは指輪に「ハウルの居場所を教えて」と話しかけ、その指輪の光指す方向に、城にあった様々な場所に通じる不思議なドアの残骸を見つけます。


このドアのドアノブには4つの色があってそれぞれ、
青は港町、緑は荒地、ピンクは王宮のあるキングズベリー、そして、黒はハウルしか知り得ない場所(戦場)に繋がっています。


この残骸状態の時のドアノブの色は黒、扉を開けると真っ暗な空間が広がっていて、この闇の空間を抜けてソフィーはハウルの少年時代に辿り着きますが、この闇の空間はなんなのか。
煉獄なのか地獄なのか、とにかく「あの世」である可能性が高いと思います。ドアが開いたシーンの絵コンテには「地獄の風が吹き出して」とあります。


子供時代のハウルと邂逅したあと、黒い穴にヒンとともに吸い込まれるソフィー。

どこかの孤島のはるか上空から落下するソフィー、闇が画面を覆うと半分が夕焼け、半分が漆黒の空間に移行します。絵コンテには「永劫の夕陽と空虚な闇のきわ」とあります。
そのあと夕陽の光は完全に失われ、闇に覆われますが、ヒンの道案内で元のドアの場所までなんとか歩きます。

ヒンはサリマンの使い魔ですが、原作では元・人間で国王の弟ジャスティン殿下、小さいはずのヒンがやたら重たいのはこれが原因なのかもしれない。


ソフィーがドアの残骸から現世にたどり着いてしばらくすると、このドアの残骸は不思議な消え方をします。絵コンテでは木組みなどを残して四散する描かれ方をしていますが、映画でみると空間が圧縮してドアの存在自体が消えるといった類の消え方をします。

このことから、このドアがカルシファーの魔法で動いていた訳ではないとわかります。カルシファーの魔法で動いていた物体はガラクタにはなるけどその場に残りますから。


そのドアの消え方とそっくりな消え方をするものがひとつだけあります、城からカルシファーを取り出す時に見える家の中の空間の消滅がそれです。


そもそもですよ、DVDを何度も巻き戻して確認したんですけど…カルシファーの力を失いハウルの城は半分に割れてソフィーと共に谷に落下し、落下した先でさっきのドアの残骸を見つけますが。
落下するガラクタの城にはそのドアがついてないんですよ…、何度巻き戻しても確認できない…
じゃあ谷底で見つけた城のドアは一体何なのか…なぜそこにあったのか…


私の推測ですけど、あのドアはソフィーが作り出したものだと思うんです。

谷底で「カルシファーに水をかけちゃった…ハウルが死んだらどうしよう!」と泣き叫んだときソフィーの指輪が激しく光り、ドアの残骸がある部分を指し示しますが、これは「過去に繋がるドア自体をソフィーが作り上げた」瞬間の光なんです。
「ハウルの位置を示す光」はそのあとの「ハウルの居場所を教えて」というやりとりがあってからのもの。
自分の犯したとんでもない行動から思わず「過去に戻りたい」と願ったのかもしれません。


その論拠にハウルの城のドアの枠は石作りですが、このときに現れるドアはなぜか木枠になっています。


カルシファーが城を簡易的に再建した時に木枠のドアになったという説も考えられますが、そのシーンは確認できないんですよ…。


金曜ロードショーでご覧になる際はそこのところを注意してみてください。


LINEで読者になる

スキウサギ 新入社員 のコピー
スキウサギ 5
キューライス
秋田書店
2021-03-18

スキウサギ 1-4巻 新品セット
キューライス
秋田書店



ネコノヒー 4
キューライス
KADOKAWA
2021-02-27

悲熊 1 (LINEコミックス)
キューライス
LINE Digital Frontier
2020-10-15





 

今度の金曜ロードショー「ハウルの動く城」ですね。好きな作品です。ソフィーは掃除婦としてハウルの城に紛れ込み、いきなり家の大掃除をしますが、これって実はすごい事ですよね。初めて家に招き入れた彼女がいきなり自分の部屋の掃除を初めて、片っ端からものを捨て始めた ... MORE
今度の金曜ロードショー「ハウルの動く城」ですね。好きな作品です。


ソフィーは掃除婦としてハウルの城に紛れ込み、いきなり家の大掃除をしますが、これって実はすごい事ですよね。初めて家に招き入れた彼女がいきなり自分の部屋の掃除を初めて、片っ端からものを捨て始めたら「ちょ…え!?」ってなりますもの。 
相手の全てを把握し、コントロールする魔法としてソフィーの「大掃除」が機能してる様にさえ思います。


そうそう、ソフィーは無自覚の魔女なんですよ。命を吹き込む魔法が使えるということになってるらしいですね。「契約で暖炉から動けない」はずのカルシファーをスコップで移動させ、カルシファーに水をかけても死ななかったのも彼女が魔女だからです。

 「心臓をハウルに返したらあなたは死んじゃうの?」
「ソフィーなら平気だよたぶん、おいらに水をかけてもおいらもハウルも死ななかったから」

というカルシファーとのやりとりもありますし。


それから、ソフィーの発する言葉には魔力が宿っているのか、後半の彼女の口にしたお願いは実はすべて叶ってるんです。

カルシファーに「ハウルのところへ行きたいのお城を動かして」と願えば叶い(途中で破綻するけど)、指輪に「ハウルの居場所を教えて!」と言えば叶い、
心をなくした巨大な鳥の化物になったハウルにキスをして「私をカルシファーのところへ連れて行って…」と願えば叶い、
クライマックスの「どうかカルシファーが千年も生き、ハウルが心を取り戻しますように」と言う願いも叶います。


序盤に出てくる女の子とソフィーのやりとり

「おばあちゃんも魔女?」
「そうさ、この国いち怖〜い魔女さ」

というのが伏線になってるんですよ。ご丁寧にこのやりとりはもう一回マルクルともやります。
地上では死んでしまうはずの星を契約抜きで留め置き、ハウルという最強の魔法使いを虜にし、荒地の魔女をも取り込み、たぶんあの世界の地上で暮らす人々の間ではソフィーは最も怖い魔女として噂されていることでしょう。


普段「書くことない」と口癖の様に言ってるけどこういう話ならいくらでもできるな。

LINEで読者になる


 スキネズミ  サクラ のコピー

ネコノヒー 4
キューライス
KADOKAWA
2021-02-27


スキウサギ 5 (5) (書籍扱いコミックス)
キューライス
秋田書店
2021-03-18

悲熊 1巻 (LINEコミックス)
キューライス
LINE Digital Frontier
2020-10-15

あばれネコ
キューライス
KADOKAWA
2020-09-25

ドン・ウッサ そらをとぶ (MOEのえほん)
キューライス
白泉社
2019-07-19



今夜は「ハウルの動く城」が放送されてますね。よく知られた話ですがこの映画の監督は細田守監督(「時をかける少女」「サマーウォーズ」)がやるはずでした。しかし、宮崎監督が毎日現場にやってきて、バンバン口を出すものだから頓挫してしまったそうです。ソフィーがサリ ... MORE
今夜は「ハウルの動く城」が放送されてますね。


よく知られた話ですがこの映画の監督は細田守監督(「時をかける少女」「サマーウォーズ」)がやるはずでした。しかし、宮崎監督が毎日現場にやってきて、バンバン口を出すものだから頓挫してしまったそうです。

ソフィーがサリマンに謁見した際、ハウルがやってきてソフィーを助けますが。サリマンの投げた杖がハウルの立っていた場所ではなく、ソフィーがいた椅子に突き刺さってるあたりにあの魔女の怖さが出てますよね。それに彼女の従えてる弟子たちはみんな子供の頃のハウルにそっくり、ハウルに対する執念はストーカーレベルです。


劇中で敵軍が撒いたビラにたいして警官が「敵のビラを拾うな!」と叫ぶシーンがありますが、あれは太平洋戦争中にこの国で実際にあった出来事です。

1945年5月31日の広島の上空にも米軍の飛行機が飛来し大量の宣伝ビラが撒かれました。その頃には日本の制空権は完全にアメリカに奪われていたのです。そのビラは「赤や茶や白や、いろいろの美しい色だった」そうです。その内容は大まかにこんな感じだったそうです。

「あなたは自分や親兄弟友達の命を助けようとは思ひませんか 助けたければこのビラを讀んでください。
軍部が勝目のない戰爭を長引かせる爲に使ふ兵器を米空軍は全部破壊しますけれども爆彈には眼がありませんからどこに落ちるか分かりません 御承知の様に人道主義のアメリカは罪のない人達を傷つけたくはありません
アメリカの敵はあなた方ではありません あなた方を戰爭に引つ張り込んでゐる軍部こそ敵です
アメリカの考へてゐる平和といふのはたゞ軍部の壓迫からあなた方を解放する事です
さうすればもつとよい新日本が出来上がるんです
戰爭を止める様な新指導者を樹てて平和を恢復したらどうですか」 


紙の裏には次回空爆予定の都市の名前が書いてあったそうです。そのすばらしい人道主義の米軍がこの年の8月に原子爆弾を投下するんですよね、2つも…。

LINEで読者になる


スキウサギ 荒地の魔女 のコピー

ネコノヒー 4
キューライス
KADOKAWA
2021-02-27

スキウサギ 5 (5) (書籍扱いコミックス)
キューライス
秋田書店
2021-03-18

悲熊 1 (LINEコミックス)
キューライス
LINE Digital Frontier
2020-10-15

スキウサギ(1)(書籍扱いコミックス)
キューライス
秋田書店
2018-04-27

あばれネコ
キューライス
KADOKAWA
2020-09-25


ドン・ウッサ そらをとぶ (MOEのえほん)
キューライス
白泉社
2019-07-19


 

ジブリ美術館をあとにした我々は近所にある東京都井の頭自然文化園を訪れた。   人が少なくてホッとする。   アナグマの爪とぎ、丸太に立って微動だにしないヤギ、フェネックの昼寝などを半笑いで見つめる。可愛い。   「小動物は癒されるわ~」とウサギが言うので、「お ... MORE

ジブリ美術館をあとにした我々は近所にある東京都井の頭自然文化園を訪れた。

 

人が少なくてホッとする。

 

アナグマの爪とぎ、丸太に立って微動だにしないヤギ、フェネックの昼寝などを半笑いで見つめる。可愛い。

 

小動物は癒されるわ~」とウサギが言うので、「お前も小動物だろうが」と突っ込むと無言でグーパンチされた、地味に痛いやつだった。

f:id:q-rais:20171009145502j:plain

昨年亡くなってしまった象のはな子さんのコーナーはひっそりとしていて寂しさを感じた。

 

はな子さんは幸せだったのだろうか?幸せだったらいいなぁ。

 

はな子さんが遊んだタイヤのねじれがなぜか感慨深く感じた。

 

ちょっとおセンチな気分になってしまったので、ふれあいコーナーでモルモットを抱くことにした32歳の独身とウサギ。

 

膝の上にのせるとじっと動かないまるっこいモルモット、かあいい…。

 

同じような形状の歯を持った生き物なのにどうしてこうもスキウサギと差があるのか…。

 

でも、僕のほうが可愛いよね、ピンクだし」とウサギがしつこいので無視していたら、二の腕にグーパンチされた、二回。

 

f:id:q-rais:20171009145640j:plain

 

さて、最後はこれまで私がジブリ美術館でもらったフィルムチケットのコレクションを見ていただこう。

f:id:q-rais:20171009145745j:plain

「耳をすませば」の月島雫が夢の中の洞窟で宝石を発見するシーン?主人公が写っているだけでも良し。青い光が美しい。

f:id:q-rais:20171009145811j:plain

「おもひでぽろぽろ」のタエ子の母。パイナップルのシーンか?

f:id:q-rais:20171009145841j:plain

「借りぐらしのアリエッティ」のアリエッティ。こんなにしっかり主人公が写っているのが嬉しい。背景も綺麗で◎。

f:id:q-rais:20171009145901j:plain

草。

一面の草である。おそらく「天空の城ラピュタ」のタコがラピュタに着陸した付近のシーンかと思われる。これを渡されたときの私の表情は察してください。

f:id:q-rais:20171009145918j:plain

 

一面「木」である。ここまでくるとどの作品かもわからない、もしかしたら何かのメッセージなのか?

 

ちなみにショップ「マンマユート」ではフィルムしおりが買えるのでそれでリベンジしてもいいだろう。そこで私が手に入れたフィルムで一番気に入っているのがこちらです。

f:id:q-rais:20171009150700j:plain

ソフィーの髪の毛を食べるカルシファー。かわいい。

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジブリ美術館を訪れているウサギと私。 時刻は10時40分、私とウサギは早めにカフェ「麦わら帽子」に足を運んだ。 ここは混むので早めに昼食を済ませてしまおうという魂胆である。 すでに10人ほど列をなしている。11時のオープンのこのカフェではあたたかい家庭的料理が味わ ... MORE

f:id:q-rais:20171009144028j:plain

ジブリ美術館を訪れているウサギと私。

時刻は10時40分、私とウサギは早めにカフェ「麦わら帽子」に足を運んだ。

ここは混むので早めに昼食を済ませてしまおうという魂胆である。

すでに10人ほど列をなしている。11時のオープンのこのカフェではあたたかい家庭的料理が味わえるし、ジュースのストローは本物の麦わらだ。

 

そして、なにより今なら企画展示に沿ったメニューも味わえるとあっては午前中から足を運んでしまうのも頷ける話なのだ。

 

私は「ハウルの動く城」の朝食をモチーフにした「お城のベーコンエッグ(パン付き)」と「崖の上のポニョ」に登場した「あらしの夜のハムラーメン」の二品を注文した。

f:id:q-rais:20171009144248j:plain

朝からなにも食べてないし、昨日の晩御飯が冷蔵庫にあったスパムの肉片だった私にしてみれば楽勝で胃袋におさまるレベルだ。

そして、ウサギも同じものを注文していた。「ウサギなのにベーコン食べていいのか?」という疑問を反芻していると、目の前に料理が運ばれて来た。

f:id:q-rais:20171009144404j:plain

健康的な卵のボリューミーな黄身の輝き、焦げ目のついたベーコンの脂身…、優しい湯気をたてている可愛らしいしょうゆラーメン…。

私とウサギはカウンター席の端っこで貪るように食べた、ベーコンと卵をマルクルのように、ラーメンを宗介のように、付け合わせの野菜をカストルプのように!

 

うぉォン、俺は人間カオナシだ

 

もっと持ってこい!風呂にも入るぞ

 

嵐のような食欲に任せて汁一滴残さず完食してしまった。

 

そして、なぜかウサギの野郎だけデザートにこの店の名物「ふぞろいイチゴのショートケーキ」を注文しているということに驚愕を隠せなかった。

なんなんだこのピンクの毛皮くんは…。

悔しいので旗の先についたクリームをぺろりと舐めてやった。

f:id:q-rais:20171009144536j:plain

腹を満たした我々は先ほどスルーした「動き始めの部屋」に赴いた。

 

ここの入り口付近にある白い小窓は是非、開けてもらいたい。

 「もののけ姫」制作当時のスタジオジブリがミニチュアで再現されていて、ミニ宮崎駿がワシワシ原画チェックしている後ろ姿が伺える。

その隣には昨年亡くなられた色指定の保田道世さんもお仕事をしている。かなり見応えがあるこの精巧なミニチュア、しばらくじっと覗き込んでしまう。

f:id:q-rais:20171010093023j:plain

 

また、この部屋の一番の見物といえば巨大な立体ゾートロープ「トトロぴょんぴょん」だろう。

立体物のトトロやネコバスがわしわし動く勇姿は何度見ても感服する。「ええ!どうして!なんで?」と純真なリアクションをする人々を見るのも楽しい。

かのジョン・ラセターもこの美術館で一番好きなところはこのゾートロープだとインタビューで語っていたのも頷ける話。

 

二階にある常設展示室「映画の生まれる場所」には壁一面、所狭しとジブリ作品にまつわる設定資料が展示されている。

何気なく置いてあるアルバムをめくってみると80年代に撮られたと思われる背景用の資料写真が収まっていた。また、何気なく置いてある宝箱を開けるとなぞのオブジェがぎっしり詰まっていたりする。

 

ジブリ美術館は子供の目線で作られた美術館、ここを訪れたらぜひこどもごころに立ち返って戸棚を開けたり、ひっぱたり、のぞきこんだり、しゃがんだりすると十二分に楽しめることだろう、そういう仕掛けがいっぱい詰まっているのだから。

 

「面白いこと」が向こうからやってくるのを待つのではなく、自分で面白いものを発見するのがこのジブリ美術館の楽しみ方といっていいだろう。

f:id:q-rais:20171010093304j:plain

 

中央ホールに舞い戻り、映像展示室「土星座」に訪れた。

ジブリ美に来るとそこでしか観れない短編映画が観れるのだ。これは大きい。

 

この日上映されていたのは「コロの大さんぽ」。

子犬のコロが迷い犬になって東小金井を彷徨うシンプルなストーリーながら犬の生態描写が緻密かつ可愛い映画だ。また、この映画の背景描写がのちの「崖の上のポニョ」に繋がっていく。

 

迷子になってしまったコロのリードを置いて、家の前で佇む女の子を見ただけで軽くひねった蛇口並みの塩水が目から溢れる。

f:id:q-rais:20171009144836j:plain

ネコノヒーの皮を被ったサイコパスと影で言われているはずの私が…32歳にして父性が目覚めたというのか…?

 

涙をぬぐって外に出た我々はもう一度ゆったり企画展示の原画に目を光らせたり、最近リニューアルされた屋上のラピュタ石の前でムスカごっこをしたり、図書閲覧室「トライホークス」でポストカード買ったり、ミュージアムショップ「マンマユート」でラピュタパンをモチーフにした刺繍ピンバッチ(2000円)を購入したりしたのち、14時ごろにジブリ美を後にした。

 

このボリュームで入館料1000円は安い。チケットを取るのが大変だが、「食べるを作る。」展は一見の価値があるので是非行ってみてはいかがか。

 

番外編に続く。

f:id:q-rais:20171009144943j:plain

www.ghibli-museum.jp

 

 ジブリ作品で一番好き。北米版も意外に良い。

天空の城ラピュタ [Blu-ray]

天空の城ラピュタ [Blu-ray]

 

 

 これを観てから行くとより一層楽しめる。かも?

宮崎駿とジブリ美術館 [DVD]

宮崎駿とジブリ美術館 [DVD]

 

 

10月の平日、暑くもなく寒くもないとてつもなくいい日和に、私とピンクの歩く毛皮ことスキウサギ(略称・ウサギ)は三鷹の駅に降り立った。 ここからジブリ美術館までシャトルバス的なものが出てはいるが、玉川上水に沿って10分ほど歩くとすぐだ。   せっかくのいい気候、 ... MORE

f:id:q-rais:20171009142258j:plain

10月の平日、暑くもなく寒くもないとてつもなくいい日和に、私とピンクの歩く毛皮ことスキウサギ(略称・ウサギ)は三鷹の駅に降り立った。

ここからジブリ美術館までシャトルバス的なものが出てはいるが、玉川上水に沿って10分ほど歩くとすぐだ。

 

せっかくのいい気候、ウサギと二人、徒歩でジブリ美へ向かう。「ジブリ美術館まであと700メートル」と書かれた謎の動物があしらわれた看板を目にするたびにテンションも上がろうというもの、その証拠にウサギはさっきから森繁久弥(乙事主)のものまねをしている。

f:id:q-rais:20171009142354j:plain

9時50分、ジブリ美に到着すると開場の10分前にも関わらず、入り口には長蛇の列が出来上がっていた。

偽物のチケットカウンターに鎮座する所沢のお化けこと「トトロ」がほくそ笑んでいる。

 

それにしても、来場者の外人比率の高さはどうだろう、日本人2割外国人8割くらいの割合。まるで空港だ。

 

ところで美術館に入場する時にジブリ作品のフィルムチケットが渡されるのだが、それが果たしどの作品のどのシーンなのか?

 

このドキドキ感はジブリ美術館の醍醐味の一つ。

 

前にここを訪れたときに、一面緑の草しか写ってないフィルム(ラピュタのタコが着地するシーン?)を渡されたトラウマが脳裏をよぎる。

せめて、せめてキャラクターが写っていてくれ…!

 

結果はこちら

 

f:id:q-rais:20171009142705j:plain

「ゲド戦記」の国王のバストショットだった。いや、原作は好きだけどさ…。

「まあ、キャラクターが写っているだけよかったじゃん?」と、ウサギがなぐさめてくれた。(過去のジブリフィルムチケット一覧はあとで記事にまとめて載せます)

f:id:q-rais:20171009142758j:plain

気を取り直した私たちは階段を降りて、地下に位置する中央ホールへ躍り出る。

気持ちいい吹き抜けの空間はいつ来ても心地良い。最初に訪れる人が最初に足を踏み入れる「動き始めの部屋」は無視して階段を登り、二階にある企画展示室へ向かう。

 

案の定、まだ人がほとんどいない。東京ディズニーランドに朝イチで入ったらとりあえず「カリブの海賊」を後回しにする感覚だ。

 

企画展示「食べるを描く。」は文字どおり、ジブリ作品の魅力的な食事シーンの数々がどのように作られたのかを貴重な資料とともに振り返る展示だ。

 

入り口には数々のジブリ飯が精巧な食品サンプルになって展示されていた、「紅の豚」の「魚のムニエルと白ワイン」、「もののけ姫」のジコ坊の味噌雑炊。「千と千尋の神隠し」で千尋の両親が貪り食う「神さまの食べ物」は食品サンプルになってもその正体が掴めきれない…なんなんだこの物体は…。

 

高畑監督の劇場版「じゃりン子チエ」のおやっさんの涙入りお好み焼きがない…』とウサギが落ち込んでいた。劇場版「じゃりン子チエ」は傑作だけど、ジブリではないだろうに…。

f:id:q-rais:20171009142941j:plain

展示室の中は古めかしいレストランのような空間になっていて、食べ作画にまつわる貴重な資料が展示されていた。作画経験者には違う意味でヨダレが溢れる資料の数々…。

 

「紅の豚」でフィオが飲む瓶入りレモネードの塗り分けの指示、レモネード水面の送り…、「紅の豚」でジーナのグラスに注がれるワインのねじれ落ちと泡の静まり…。

 

非常に勉強になるし、私の体に脈々の流れるアニミズムの血潮がぽっぽと火照ってくるのを感じる…。

f:id:q-rais:20171009143050j:plain

特に目を奪われたのが「となりの山田くん」で酔って帰って来た親父がモソモソとバナナを食べるシーンの原画。あのアニメ史上に燦然と輝く名食シーンの原画が見れるなんて!

 

この微妙な線の強弱、緩みによってあの絶妙なバナナ食いシーンが生まれたのか…!ああ、願わくば手にとってパラパラしたい!いやいっそのことQARで見て見たい!

しばらく、ヨダレを垂らしながら食い入るように原画を見つめていた。

f:id:q-rais:20171009143222j:plain

展示の後半には「となりのトトロ」の草壁家の台所や、「天空の城ラピュタ」のタイガーモスの厨房が実寸で精巧にセット化されていて見応えがある。

 

ついさっきまで登場人物たちがそこで料理をしていたかのようなリアルさがある。

ふと、草壁家の壁にこんな感じの書が飾られているのが目に入った。

f:id:q-rais:20171009143331j:plain

美術館スタッフの方に「これは誰が書いたものですか?」と尋ねてみると、「いや…、その…誰が書いたと言う…ことはないんですよ~笑」と返って来てちょっと和んだ。

 

後半に続く。(この記事は誰かに頼まれたということは一切なくキューライスが完全なる趣味で描いております)

f:id:q-rais:20171009143442j:plain

www.ghibli-museum.jp

 

 「官位をさずけよう」!

かぐや姫の物語 [Blu-ray]

かぐや姫の物語 [Blu-ray]

 

 

 バナナを食べるシーンは名シーン!

ホーホケキョ となりの山田くん [Blu-ray]

ホーホケキョ となりの山田くん [Blu-ray]

 

 

 リア王のような乙事主!

もののけ姫 [Blu-ray]

もののけ姫 [Blu-ray]

 

 

高畑監督の傑作!お好み焼きが美味しそう!

じゃりン子チエ 劇場版 [Blu-ray]

じゃりン子チエ 劇場版 [Blu-ray]